ブログ

現調のとき何か食べたくなって

「まんじゅうの天ぷら」。

時々、ふと思い出したように食べたくなります。

まんじゅうの天ぷらは、東京・浅草にもあるそうなのですが、やはりここが元祖です。

福島県会津若松市にある峠の茶屋、「清水屋」です。

地名になっている、「強清水」は有名です。「こわしみず」と読みます。

会津地方の方言で、「かたい・つよい」ことを、「こわい」と言います。

なので、ご飯がかたいことを、「ご飯がこわい」と言います。「こわいご飯」、「このご飯こわいねえ」となります。

まんじゅうの天ぷらは、普通のおまんじゅうを天ぷらにしたものですが、これにお醤油をつけたり、お蕎の汁につけて食べるのが、ここ清水屋での食べ方です。

と言うのも、昔は、ご飯のおかずとして、まんじゅうの天ぷらを普通に食べていたそうです。

ここで、問題です。

写真の中にある、キッチンばさみは、何を切るためにあると思いますか?

・・・・・

答えは、もう一つの名物、「いかの天ぷら」と「ニシンの天ぷら」を食べる時に使います。

天ぷらを食べる時に、はさみを使う?

そうです、この地域では、特別なことではありません。

昔、冷蔵庫などない時代のことです。ニシンも塩漬けにして保存をしていたのですが、ニシンにしても、いかの天ぷらにしても、実は固くて噛み切ることができません。そこでキッチンばさみの登場です。

その昔の名残りで、今や柔らかくなっているのですが、ハサミで切って食べるのが習慣となっているのです。

まんじゅうの天ぷらは、とびきり美味しい食物ではありませんが、無性に、食べたくなる時があります。

今回は、会津若松のお客様のオーニングの張替えの現調でお伺いしたのですが、同じ福島でも、会津若松は、自然に溢れていて、いつ来ても気持ちのいい場所ですね。

磐梯山です。

猪苗代胡です。

お堀と石垣の上に、木々の間から鶴ヶ城が見えました。会津のシンボルです。

今日のタイトルは大好きな、池波正太郎の著書から借用しました。

関連記事



ピックアップ記事

  1. 「相馬野馬追」福島県相馬地方に伝わる伝統の夏祭りです。
  2. 古いテントを張替え工事をしました。テイジンのテトロンテント・ストライプです。

アーカイブ