ブログ

二つの伝説

「萩姫伝説」

それは、福島県郡山市磐梯熱海に伝わる美人のお湯伝説です。

昔むかし、京都より500本目の川のほとりに、温泉が湧き出ていたそうです。

その温泉に入ると、病気が治ると信じられていました。

現在、この地は、「美人の湯」として、有名な温泉旅館になっています。

その温泉を見つけたのが、この絵の主人公「萩姫」です。

今もこの川のことを「五百川」と云い、地名となっています。

実は、毎年、この温泉旅館で、福島県テントシート工業組合の理事会が行われます。

立派な温泉旅館です。

と言うことで、今年も理事会に出席してきました。

そして、もう一つの伝説があります。

東京重布会よりご来賓として、テント業界のレジェンドがいらっしゃっいました。

石川株式会社常務取締役 森野栄一様、御年77歳です。

この業界で50年以上ご活躍の生きる伝説です。

実は、森野さんは、過去2回も三途の川を渡ったと言う話は業界内で有名です。

一回目は、小学校に上がる前の年、チフスで余命3日を宣告されたそうです。

二回目は、55歳のとき、心筋梗塞で倒れて、死亡宣告を受けたそうです。

しかし、いずれも奇跡的に生還されたそうです。

人の寿命とは、わからないものです。

そんな森野さんですが、いつも笑いの絶えない気配りの人でもあります。

森野さんのお話はいつも面白いですが、それも、テント業界の良い時も苦しい時も経験されているからでしょう。

十八番の話は、高度成長期の冬のボーナスのお話。

初任給が3万円当時だった頃、なんと、100万円を現金で支給されたそうです。

家に帰り、布団の中で夜も寝ないで、お金を数えていたそうです。

そして、オイルショックの時のお話は傑作です。

同じく給料が支給され、渡された袋の厚さと重さに驚き、やはり家に飛び帰り、布団の中で給料袋を開いてみてびっくり!!

なんと、袋の中身は、「虎やの羊羹」が一本だけ入っていたそうです。

今度は、悔しくて、一夜中眠れなかったそうです。

何度聞いても、会場は大笑いです。

いつも楽しい、為になるお話ありがとうございます。

いつまでもお元気で、後進のご指導をお願いします。

関連記事



ピックアップ記事

  1. 今年は、梅雨前の今の時期から、暑い日が続いていますが、恐らく、今年の夏も猛暑が予想されます。
  2. 「相馬野馬追」福島県相馬地方に伝わる伝統の夏祭りです。

アーカイブ