ブログ

猫除けネット

ワンちゃんの次は、猫ちゃんです。

実は、お客様より、猫のいたずらがひどくて困っているという、ご相談を頂きました。

ゴミの集積所のゴミが荒らされ、特に、お弁当の空などが狙われているようです。

これを毎日やられては、冗談ではすまされません。

初めのうちは、毎回拾って掃除をしていたのですが、だんだん、それも大変で疲れてきました。

そこで、集積所にセンサーを付けて音を出してみたり、匂いスプレーを撒いてみたりと、あの手この手を試してみました。

しかし、効果があったのは、最初のうちだけです。

何かいい対策がないか、と言うことで、テント屋にお声が掛かったわけです。

下地を溶接して、トラックレール3号、カーブレールを入れてました。

そこに、メッシュシートを、固定部分に1類 カーテン部分に2類と、用途に合わせて使い分けをしました。

このカーテンシートを設置したところ、お客様には、とても喜んで頂けました。

でも、ちょっと、猫ちゃんがかわいそうになりました。別にエサを運んでやりたい気分になりました。

今回のような猫対策ネットは初めての案件でしたが、テント屋には、いろいろな問題が持ち込まれます。

最近、一番多いのは、「防虫ネット」です。これは、得意分野です。

これから夏にかけて、虫対策が本格化しますので、お問い合わせが増えます。

次に多いのは、「防鳥ネット」です。これから、営巣の時期になるので、増えてくるご相談です。

ただ、以前は、ネットを張ると、鳥は逃げるものだったのですが、最近は、反対にカラスなどから安全になるので、小鳥が集まるようになってきました。困ったものです。

しかし、ただネットを被せるのではなく、今回のように、しっかりと入り込む隙間を埋めるカーテン式のネットにすることで、小鳥の侵入なども防ぐことができます。

私たちテント屋は、幕材を通して、様々なお客様の問題を解決することが仕事です。

状況に合わせて、適切な解決策をご提案致します。お困りのことがございましたら、お気軽にご相談ください。

ご連絡を、心よりお待ちしております。

無料見積もりはこちら

【今回使用した幕材データ】

平岡織染株式会社・ターポスクリーン1類メッシュ、2類メッシュ、グレイ、防炎

今回、猫ちゃんのエサを取り上げてしまったのですが、エサに困らないのはこの人だけでしょう。

関連記事



ピックアップ記事

  1. 今年は、梅雨前の今の時期から、暑い日が続いていますが、恐らく、今年の夏も猛暑が予想されます。
  2. 「相馬野馬追」福島県相馬地方に伝わる伝統の夏祭りです。

アーカイブ