ブログ

ターポリン

「ターポリン」。

聞きなれない言葉かもしれませんが、とても身近な膜材です。

「TARPAULIN:ターポリン」とは、いわゆる防水布・防水シートのことです。

元々は、船乗りさん達が、防水シートとして使用されてきた膜材で、 始めの頃は、帆布にタールを塗って、防水性を持たせた布のことを指していました。

これを、水夫の上着にしたり、船上の防水シートとして使用されたのが始まりとされています。

現在では、ポリエステルの基布を合成樹脂フィルムでサンドイッチした複合シートの総称になります。

その、経済性・強度・防水性から工事現場の養生シート・仮設のテント、さらには、防水性を活かしたバックなどの小物まで、幅広く使われています。

その中でも、一番よく利用されているのは、屋外広告の横断幕です。

インクジェットでプリントされた、広告・看板など、毎日目にされているかもしれませんね。

雨ざらしでも、大丈夫なターポリンの特徴が発揮できる代表選手です。

そして、先日、このターポリンを使用した、工場内の間仕切カーテンの工事をしてきました。

常磐テントの縫製工場内です。

このターポリンですが、最近、特にカラフルなものが登場してきました。

色が鮮明で、強く、軽い、カラーターポリンは、あらゆるシーンでご使用いただけます。

さらに、最近では、ポリエステルの代わりに、ガラスクロスを使用した、“不燃材ターポリン”も登場してきました。

透明ターポリン、ターポリンネット、メッシュターポリンなど、関連資材も豊富です。

ですので、水を使うような工場では、間仕切りなどで、この防水性に富んだターポリンが愛用されています。

今回は、このターポリンを使用して工場内に、間仕切カーテンを設置してきました。

カーテンの大きさは、横幅は22m、高さは4m

東レ・コスモスペーサー TH3505・グリーン・防炎

カーテンレールは、岡田装飾金物・D30仕様・大型カーテンレールを使用

現在、各メーカーともターポリンは多種多様の製品が登場しております。

最近では、いろいろなご要望、用途に合わせて、適切なターポリンをオススメしています。

産業用ターポリンから、看板用・印刷用、農業用など幅広く取り揃えております。

もちろん、ターポリンの縫製、製品の製作は、常磐テントでも取り扱っておりますので、お気軽にご相談ください。

また、ターポリンの機能を生かした、工場の間仕切カーテンなど、工事のご提案を致しております。

ご要望、ご不明な点がございましたら、何なりとお尋ねください。

お問い合わせを心より、お待ちしております。

ご相談・無料見積もりはこちら

関連記事



ピックアップ記事

  1. 「相馬野馬追」福島県相馬地方に伝わる伝統の夏祭りです。
  2. 古いテントを張替え工事をしました。テイジンのテトロンテント・ストライプです。

アーカイブ