ブログ

今年の夏はオーニングで“節電対策”

1年の中で、紫外線が強くなるのは、実は梅雨時の今の時期だったりします。もちろん、これから夏本番になれば直射日光が照りつけ、温度も上がっていきます。

 

その日差しや紫外線を遮るのに役立つのが、窓際などに設置するオーニングです。

 

実は、窓やカーテンが紫外線遮断の処理がされていなければ、家の中にいても紫外線は入ってきてしまいます。窓際で遊ぶお子さんなど家の中にいても日焼けをしてしまう、なんてこともあります。

summer_sky_Wallpaper_2ojm4

また、日焼けは人だけでなく、床や壁なども日焼け・色落ちしてしまいます。

 

実はオーニングは、日よけや紫外線対策だけでなく、“節電”対策になることはあまり知られていません。

 

部屋の温度というのは、家の中の空気の温度というよりは、壁の温度が伝わって室内温度が高くなります。

 

ということは、外壁の温度を下げることで必然的に室内温度も下がります。

 

オーニングがない場合オーニングがある場合

 

さらに、オーニングで日陰を作ることで、温度差を作ることができ、この温度差が「風」を作ります。

 

この温度差による「風」が室内に入り、この自然風で室内温度を下げる効果も期待できます。

 

エアコン稼働率

オーニングを設置した場合と設置しない場合のエアコンの稼働率の差。

 

窓際、縁側での日陰を作るだけでなく、室内温度も下げるオーニング。

 

この夏、大活躍することは間違いありません。

 

ただし、夏本番になるとご注文が殺到し、制作から設置工事までにお時間を頂くことになってしまいますので、今、まだ空いているこの時期に設置されることをお勧めいたします。

 

IMG_1515

 

常磐テント商会のオーニングはすべてカスタムメイドのオーニングで、お好きな生地の材質や色、デザインなどをお選び頂けます。

 

住宅用オーニングの詳細&施工事例はこちら

 

関連記事



ピックアップ記事

  1. 「相馬野馬追」福島県相馬地方に伝わる伝統の夏祭りです。
  2. 古いテントを張替え工事をしました。テイジンのテトロンテント・ストライプです。

アーカイブ