ブログ

猛暑でも電気代を節約する方法

毎日暑い日が続いていますね。全国的に35度を超える日が続いていますが、くれぐれも水分・塩分補給をお忘れなく、体調管理にご留意下さい。

 

さて、こうした猛暑ですが、もう一つ気になるのが冷房などにかかる電気代ですね。

 

暑いからどうしても冷房を入れてしまう。でも、電気代が気になって・・・とこの時期の悩ましい問題の一つです。

 

しかし、こんな猛暑でも電気代を節約できる方法があるとしたら、それを知りたいと思いませんか?

summer_sky_Wallpaper_2ojm4

 

部屋の温度というのは、家の中の空気の温度というよりは、壁の温度が伝わって室内温度が高くなることで室内の温度も上がります。

 

ということは、外壁の温度を下げることで必然的に室内温度も下がることになります。

 

そこで、外壁の温度を下げるのに活躍するのが、「オーニング(日よけ)」なのです。

 

オーニングがない場合オーニングがある場合

オーニングを設置することで、日陰を作るだけでなく、外壁の温度を下げることで室内温度を下げ、冷房を付けていても、設定温度を下げることなく使うことができるので、冷房効率が高まります(電気代を抑えられます)。

 

さらに、

 

オーニングで日陰を作ることで、温度差を作ることができ、この温度差が「風」を作ります

 

空気は、高い所から低い所に流れる傾向にあります。

 

ですので、この温度差による「風」が室内に入り、この自然風によって、室内の温度を下げる効果も期待できます。

 

エアコン稼働率

オーニングを設置した場合と設置しない場合のエアコンの稼働率の差。

 

もちろん、「風」の通り道、特に出口も作ることをお忘れなく。

 

このように、窓際や縁側などにオーニングで日陰を作ることで、外壁の温度を下げ、温度差による「風」を作ることで、室内温度も下げることができます。

 

この夏、大活躍することは間違いありません。

 

まだまだ間に合います。

 

夏の真っ只中、これからの残暑対策に、ぜひ「オーニング」を設置されることをお勧め致します。

 

IMG_1515

 

常磐テント商会のオーニングはすべてカスタムメイドのオーニングで、お好きな生地の材質や色、デザインなどをお選び頂けます。

 

住宅用オーニングの詳細&施工事例はこちら

 

保存保存

関連記事



ピックアップ記事

  1. 「相馬野馬追」福島県相馬地方に伝わる伝統の夏祭りです。
  2. 古いテントを張替え工事をしました。テイジンのテトロンテント・ストライプです。

アーカイブ